iPhoneゲームアプリを探すならAppon!(アップオン)

レビュー

アプリアイコン

電愛 ~愛し合うアプリ おとなの恋人編~

おとなの恋人と電話で愛を育めちゃうドキドキなゲームが登場です!電話越しのセクシーな声に夢中になっちゃうかも!?

カテゴリ-:ゲーム > シミュレーション

デベロッパー:DORASU CORPORATION

おすすめ度:

対応iOSバージョン:4.3.0 以上

サイト掲載日:2013-01-16

レーティング:17+

レビュー時のバージョン:1.0.0

App Storeでダウンロード

彼氏になって、おとなの恋人の彼女と電話で愛を育むシチュエーションを楽しめちゃう、ドッキドキのゲームですよ!
とはいっても難しい操作はなくて、彼女からの問いかけに「はい」「いいえ」で答えるだけで楽しめちゃうので、ストーリーを攻略するというよりかは、シチュエーションを楽しむ方に重点が置かれてる感じですね。

タイトル画面の彼女が、あなたの恋人「一条響子」さんですよ!
年齢はナイショという設定ですが、大人の色香が魅力的な女性ですよね。
画面下のメインメニューはシンプルで、ゲームを始める時は「電愛する」ボタンを押して先に進んでいきましょう。

ヘルプメニューもありますが、まずはチュートリアルをやってみると、遊び方を彼女の甘い声で教えてくれちゃうので、いきなりちょっとドキドキなのが嬉しいですね。

一応ヘルプ画面もチェックしてみると、「なにを話す?」のところでストーリーを選べるようになってるみたいですよ。
そして特徴的なのは普通のゲームと違って、電話気分を楽しむゲームなので、音声はiPhoneでふつうに電話をするように耳にあてて聞くのが正しい遊び方ってことなんですね!

画面上部を見ると彼女の簡単なプロフィールが載ってますが、園芸好きでスタイル抜群の彼女!ちょっとイメージしてみるとドキドキしちゃいます!

はやる気持ちを抑えつつ、早速電話をかけてみましょう!
「なにを話す?」のメニューは写真のような感じで、無料版では3つのストーリーが遊べるようですね。
今回は「おはようの話」をしてみることにします!

始めてみると、電話をかける画面風の表示になるので、あとは「電愛する」をタップでいよいよかけちゃいますよ!
ここの表示は、もうちょっとiPhoneの電話帳に似せた感じで写真付きだともっと良かったのになぁ、と思うだけにちょっと惜しいですね(笑)

かけてみると早速、彼女が話しかけてくれて、話の最後は質問で終わるので、これまた普通に電話で話すように「はい」か「いいえ」で答えてあげましょう!
最初の質問は「あなたも朝一番に私の声が聞きたかったの?」的な感じでしたよ。
うーん、ラブラブな感じがたまらないですね!

こうしていくつかの質問に答えるごとにストーリーが進んで、通話終了までの会話を楽しんでいくようになってます。
また、ゲーム内で一度聞いた彼女の声は、後から写真の「ギャラリー」画面でいつでも再生できるようになってますよ。

会話の途中で「いいえ」で答えないと聞けない声もあるみたいなので、「これは絶対「はい」かなぁ~」と思ったとしても色々試して彼女の声をコンプしちゃいましょうね。
遊んでみた感想は、声優さんの声の魅力はもちろんのこと、本当に電話で話しているような自然なエフェクトがかかってるので、リアルな感じが本当にドキドキものでしたよ!
奥さんや彼女が現在いない男性には特にオススメですよ。
たまにはアプリで癒されちゃうのも悪くないものですね!

App Storeでダウンロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

スクリーンショット

惑星を作ろう!みんなの塊魂

塊を集めて惑星をつくるで!人気の塊ゲームや~。

スクリーンショット

ならべてグリコ

グリコの商品をお店に並べるストーリー仕立てが楽しいパズルゲームです。パズル好きにオススメ!

スクリーンショット

よけてぇぇぇぇ!ヒーロー

ヒーローを操って、ひたすら落ちてくる岩をよけよう!ゲームが進んでいくと、激あつのジゴグゾーンも登場するよ!

関連アプリ

アプリアイコン

電話の達人

iPhoneはそもそも電話なんだけど、このゲームはどれだけ電話をかける達人かを競います!(笑)

カテゴリ-:ゲーム  > アーケード

アプリアイコン

お触り!キュートパネル

人気のキュートな女の子達がいっぱい登場!グラビア的に楽しめるパネルゲームですよ。

カテゴリ-:ゲーム  > アーケード

アプリアイコン

Badass 『バッドアス』

なんと100種類もある怒涛のミニゲーム集です!ワルになりきって悪事をはたらいちゃえ!アメコミ的センス炸裂のジョークにも注目ですよ!

カテゴリ-:ゲーム  > アーケード

 

↑上へ